久山町オリーブ 試験 報告

更新日:2012年6月8日

印刷用ページはこちら

目的

健康づくりを目的、オリーブオイルを健康食品として住民自らが安全・安心な製品を製造し食生活の改善による健康づくりの普及を行い、町内全域にオリーブを普及し健康をテーマに地域振興を推進します。

  • 平成23年11月21日 3年生の植樹 5品種 50本 
    イタリア産
    (タッジャスカ・レッチーノ・マウリーノ・フラントイオ・ペンドリーノ)
  • 平成23年12月 5日 5年生の植樹 5品種 20本
    国産(小豆島産)
    (ミッション・マンザロニ・ネバディロブランコ・ルッカ・チプレシーノ)

以上の品種を栽培し、久山町に適した成分のよいオイルを選定します。
作付けから、収穫・製品化までに時間を要しますので、ここ数年間は栽培の試験を実施します。
その後はオリーブオイルを使った食生活改善の推進など健康づくり事業を推進し、苗木の育成も同時に進め、住民の皆さんに苗木を配布し、数年後には各自オリーブオイルを搾り食事に利用できるよう計画しております。

現在の状況

植え付け後、撒水・土壌測定・肥料・除草作業を実施

5月初旬には、3年生のオリーブすべてから、新芽が出てきました。
5年生については、新芽は勿論のこと、5本のオリーブにつぼみがついていました。

5月中旬 新たに3本につぼみをつけていました。

品種によってつぼみのつきは、かなり違っています。

5月下旬 1本だけですが、開花しています。

2本の木の状態が悪く、葉が枯れた状態でしたので、大きく選定し様子をみます。

6月5日 つぼみが花開いています。

1本(チプレシーノ)はほぼ満開状態
7分咲きが3本(ルッカ)
5分咲きは1本(マンザロニ)
3分咲き2本(マンザロニ・ネバディロブランコ)
1分咲き1本(ルッカ)です。
同じ品種でも、まだつぼみもないものもあります。

こんなときには
  • 妊娠・出産・子どもの健康
  • 入園・入学
  • 成人,就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し
  • お別れ
  • その他,届け出・証明
生活ガイド
  • ごみ
  • 税金
  • 病院・救急
  • 消防・防災
  • 公共施設
  • 上下水道
  • 年金・保険,医療・福祉
ページの先頭へ戻る