ホーム

安心・元気な「健康が薫る郷」の実現

町長の部屋

町長の部屋

久山町長 久芳菊司
久山町長  久芳菊司

久山町長から皆様へのごあいさつ

  新年明けましておめでとうございます。町民の皆様におかれましては、輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

  昨年を振り返りますと、2月に開幕した平昌冬季五輪では、羽生選手の五輪連覇やスピードスケートのメダルラッシュに始まり、6月のサッカーW杯ロシア大会では、日本代表が前評判を覆し2大会ぶりに決勝トーナメントに進出する等、国際大会における日本勢の活躍に夢や感動を抱いた方も多かったのではないでしょうか。しかし、一方で、大きな災害に見舞われる悲しい一年でもありました。7月に西日本の広範囲を襲った「平成30年7月豪雨」では、多くの尊い命が失われました。改めて、自然災害の脅威を知るとともに、日頃からの備えについて考えさせられる出来事となりました。犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災地の一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。

 さて、本町における、主な取り組みを振り返りますと、1つ目は、45年という長きに亘り、本町の子どもたちの成長を見守ってきた、山田・久原両幼稚園を統合し、昨年4月に「けやきの森幼稚園」を開園いたしました。両幼稚園の重ねてきた歴史や思い出等を考えますと一抹の寂しさもございますが、久山産のヒノキやスギを使用した温かみのある新たな園舎で、これからも特色ある幼児教育を展開し、今まで以上に久山の子どもたちの健やかな成長を支えていきたいと考えております。

 2つ目は、町の総合戦略の一つで、定住促進・地域活性化を目的とした草場地区の再開発事業に着工いたしました。この事業は、町内で人口減少と高齢化が進んでいる草場地区において、開発面積約3.2ヘクタールの町有地の宅地造成を実施し、77区画の良好な住宅を提供できる環境整備を平成30年度から平成32年度までの予定で行うもので、今後の草場地区における良好な地域コミュニティの形成を期待しています。

 3つ目は、健康増進を目指した新たな取り組みとして、九州大学、株式会社ディー・エヌ・エーと連携し、ICTを活用した「ひさやま元気予報」および健康アプリ「KenCom (ケンコム)」のサービスを開始いたしました。これらの活用により、健診事業を通して日常的に楽しくセルフケアを行えるようになり、住民の皆様の疾病予防や健康意識の向上とともに、更に健康長寿の町となるよう期待いたしております。今後も、従来の行政サービスの充実を図りながら、民間企業によるICT等の最新テクノロジーを活用するなど時代に沿った、住民の皆様の暮らしを向上させる取り組みを展開し、安心安全で、「住みたい」、「住み続けたい」と評価していただける、まちづくりに努めて参りたいと考えております。

 本年の干支である「亥」は、「次のステージに向けた準備期間」といった意味合いがあるそうです。本町のまちづくりも更なる発展に向けて、しっかりと準備を行っていく重要な年であります。今後とも町民の皆様のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

 結びに、本年が町民の皆様にとって幸多い年となりますよう心からご祈念申し上げ、新年のごあいさつといたします。

平成31年元旦
久山町長 久芳菊司(くばきくし)

久山町
〒811-2592 福岡県糟屋郡久山町大字久原3632
電話:092-976-1111

Copyright © 2012 Hisayama Town. All rights reserved.