町指定文化財 第8号

更新日:2012年4月1日

印刷用ページはこちら

第8号

1.名称及び員数
木造十一面観音立像 1躯
2.所在地
久山町大字山田651 清谷寺
3.特徴
像高167.2cm 針葉樹材 一木造 彫眼 漆箔 彩色
4.年代
平安時代(10世紀)
5.作者名
不詳
6.由来又は沿革
伝 承によると、清谷寺の六町あまり南にあった南覚山正現寺に安置されていたのを、同寺の廃寺をうけて、寛文年中(1661~1672)清谷寺に移したもの だと伝えられる。現在清谷寺観音堂に安置されている。慶応元年(1865)に現在の観音堂が建立された際の棟札の裏面の墨書によると堂の主尊であるようである。
こんなときには
  • 妊娠・出産・子どもの健康
  • 入園・入学
  • 成人,就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し
  • お別れ
  • その他,届け出・証明
生活ガイド
  • ごみ
  • 税金
  • 病院・救急
  • 消防・防災
  • 公共施設
  • 上下水道
  • 年金・保険,医療・福祉
ページの先頭へ戻る