死亡届について

更新日:2012年4月1日

印刷用ページはこちら

 死亡の事実を知った日から7日以内に、死亡地、死亡者の本籍地、届出人の住所地、いずれかの市町村の窓口への届出となります(火葬が済んでいれば、死亡届は届出済みです)。

 死亡届の届出人は、同居の親族、同居していない親族、同居者、家主、地主、家屋管理人、土地管理人、公設所の長の順序となりますので、該当の方が署名してください。

 届出をするときには医師による死亡診断書または検案書がついている死亡届出書、届出人の印鑑をお持ちください。

 届出をされると火葬認可証を発行します。火葬・納骨の際にはこの認可証が必要となります。

 死亡された方が世帯主ご本人の場合や国民年金に加入や受給されていた方、国民健康保険に加入されていた方は、後日速やかに町民生活課へお越しください。

こんなときには
  • 妊娠・出産・子どもの健康
  • 入園・入学
  • 成人,就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し
  • お別れ
  • その他,届け出・証明
生活ガイド
  • ごみ
  • 税金
  • 病院・救急
  • 消防・防災
  • 公共施設
  • 上下水道
  • 年金・保険,医療・福祉
ページの先頭へ戻る