子ども医療

更新日:2016年10月1日

印刷用ページはこちら

 子どもが病気やけがで病院等にかかったときの医療費のうち、健康保険が適用された残りの保護者負担分を久山町と福岡県が負担(支給)する制度です。

平成28年10月から制度が変わりました

  • 詳細につきましてはこちらをご覧ください。

子ども医療の受給要件について

  • 久山町の住民であること
  • 子どもが健康保険の被扶養者(国民健康保険の場合は被保険者)であること。
  • 0歳から12歳到達後最初の3月31日までが通院の受給対象年齢です。
  • 15歳到達後最初の3月31日までが入院の受給対象年齢です。
 

子ども医療証について

 出生、転入等の際に、町民生活課へ受給資格の申請をすることにより、子ども医療証が交付されます。申請の際に、子どもの名前が載った保険証と、印鑑、身分証明書、及び保護者とお子様の個人番号カードまたは通知カードをご持参ください。医療機関の窓口では、保険証(加入している健康保険の被保険者証)と子ども医療証を提示してください。

医療費の支給開始日

  1. 出生のとき
    出生の日から30日以内に申請されたときは、誕生の日から。30日を過ぎて申請されたときは、申請された月の初日から認定されます。
  2. 転入のとき
    転入した月の末日までに申請されたときは、転入の日から。月がかわって申請されたときは、申請された月の初日から認定されます。詳しくは、申請時におたずねください。
  3. .1・2以外の事由のときは、転入に準じます(転入日を受給事由発生日に読み替えてください)。
  4.  

手続きについて

 子どもについて、住所、氏名その他健康保険証等に変更があったときは、すみやかに町民生活課に届け出てください。

こんなときは 届出に必要なもの
久山町内で住所が変わったとき 子ども医療証、印かん、保護者とお子様の個人番号カードまたは通知カード、身分証明書
他の市町村へ転出するとき 子ども医療証(回収)、印かん、保護者とお子様の個人番号カードまたは通知カード、身分証明書
子どもの氏名が変わったとき 子ども医療証、印かん、保護者とお子様の個人番号カードまたは通知カード、身分証明書
加入している健康保険が変わったとき 子どもの名前が載った新しい保険証、子ども医療証、印かん、保護者とお子様の個人番号カードまたは通知カード、身分証明書
交通事故等で第三者の行為により子ども医療証を使用するとき 子どもの名前が載った保険証、子ども医療証、印かん、事故証明書、保護者とお子様の個人番号カードまたは通知カード、身分証明書
生活保護(医療扶助)を受けるようになったとき 保護開始決定通知書、子ども医療証(回収)、印かん、保護者とお子様の個人番号カードまたは通知カード、身分証明書
死亡したとき 子ども医療証(回収)、印かん、保護者とお子様の個人番号カードまたは通知カード、身分証明書

※印かんは、認め印です(ゴム印、スタンプ印は不可)。

保護者の負担について

 医療機関にかかったときは、以下の自己負担額を窓口でお支払いください。

○3歳未満
 通院:無料
 入院:無料
○3歳以上~小学校就学前
 通院:800円/月上限
 入院:500円/日(月7日限度)
○小学生
 通院:1,200円/月上限
 入院:500円/日(月7日限度)
○中学生
 通院:対象外
 入院:500円/日(月7日限度)

子ども医療費の請求

 福岡県外の病院等にかかったときは、いったん医療費の自己負担分を全額支払った上で、町民生活課へ請求してください(申請書は、当日窓口で記入)。

<請求に必要なもの>

自己負担した医療費の領収書(保険診療の内容がわかるもの)
子どもの名前が載った健康保険証
子ども医療証
認め印(ゴム印、スタンプ印は不可)
振込先の金融機関名、支店名、口座番号、口座種別 口座名義人氏名
保護者とお子様の個人番号カードまたは通知カード
身分証明書

こんなときには
  • 妊娠・出産・子どもの健康
  • 入園・入学
  • 成人,就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し
  • お別れ
  • その他,届け出・証明
生活ガイド
  • ごみ
  • 税金
  • 病院・救急
  • 消防・防災
  • 公共施設
  • 上下水道
  • 年金・保険,医療・福祉
ページの先頭へ戻る