久山の話題

シャクヤク(芍薬)のシーズンです

2012年5月6日

満開のシャクヤク

久山町はシャクヤク(芍薬)の産地として知られています。シャクヤクはボタン科の花で、美人を例えて「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」という言葉があるように、非常に美しい花として重宝されています。

毎年この時期はシャクヤクが花開く季節。このページでは大きく花開いているものを掲載していますが、基本的に満開になる前に切り採り、お客さんに届くころに満開になるように出荷するそうです。
このため満開の花畑を見る機会はそう多くありませんが、一輪だけでも十分に心安らぐ花ですよね。

ピンクの花弁

ピンクの花も。この他に白や薄桃色など、色とりどりの花が咲いていました。

満開直前です。

こちらは咲きかけ。綺麗な丸の形をしていますね。

広い畑でお手入れ中

ちょうど農家の方が作業中でした。
出荷先で一番綺麗な形になるように頃合を見計らって刈り取るのだと教えてくださいました。

つぼみにとまるテントウムシ

テントウムシくんもやってきました。
「まだ咲かないかな~?」

一覧に戻る

ページの先頭へ戻る