久原小学校校章 久原小学校

学校紹介

学校長あいさつ

本校は、平成30年度で146周年目を迎える伝統のある学校です。校舎は、木造平屋で、教室と廊下は障子で区切られ、教室の机や椅子はすべて久山の気を使った木製の机・椅子です。教室や廊下には、たくさんの天窓がとられ、学校全体が明るく温かみのある学校です。初めて本校を訪れる方は、皆さん「ステキな学校ですね。」と感動されます。

平成30年度は,学級数15学級で、365名の子どもでスタートしました。子どもたちは素朴で素直な子ども達が多く、心のこもった挨拶や、黙々掃除、読書活動に取り組んでいます。この2年間、不登校児童が0名で、どの学級も落ち着いています。

平成26年度に、山田小、久原小の両小学校で行った地域の遺跡「首羅山遺跡」の学習の取組は、博報児童教育振興会から博報賞を頂きました。

本年度は、新しいことにたくさん取り組んでいます。大きなもののみ簡単に紹介します。

1.業務改善への取組

 試験的に教科・領域を対象とした主題研究をやめ、OJTによる研修体制を作る。平成31年度に、その取組を研究発表会で報告予定。

研究主題 「業務改善を目指した職員研修の進め方」

     -メンタリングを中心としたOJTの工夫を通してー

 2.子ども達の心と体を鍛える

 ☆6年生 「遺跡・史跡巡りの旅をしよう」

 3日間、6年生児童全員で学校を出発し、近隣市町にある遺跡や史跡、歴史資料館、学校等を徒歩で巡り、遺跡に関わっている方々や他校の6年生と歴史や遺跡の内容や価値の捉え方を交流し、我が町首羅山遺跡の歴史についての学びを深める。

 ☆4年生  朝倉市福田小学校と「水の学習」についての交流

 福岡市都市圏にある本校と筑後川の水源地にある朝倉市立福田小学校それぞれが、自分達のくらしで使っている水は、どこでどのようにして作られ、どのようにして家庭や学校に届くのか学習するとともに、両校での交流活動を通じて、筑後川の水によって繋がりがあることを学ぶ。また九州北部豪雨の被災地を学習することで、水災害の怖さについても学ぶ。

 

 

校訓

地域を愛し、自ら学びたくましく生きる子どもの育成

校歌

作詞 久野 才吉

  1. 1.
    姫野が丘に もえいずる
    わが学び子の 意気見ずや
    ふたばはやがて 雲をつく
    みくにの柱 いざのびよ
  2. 2.
    学びの道は きわみなし
    わが師の教え とうとみて
    雄飛躍進 ともどもに
    はげめよ みがけ いざきたえ
  3. 3.
    仰ぐ朝日の 千代八千代
    輝きわたる しるしこそ
    希望を照らす わが行くて
    われらのほこり いざ守れ

所在地

〒811-2501
福岡県糟屋郡久山町大字久原3479番地
電話番号 092-976-0008
FAX番号 092-976-1245

校舎

面積
4789平方メートル
校舎面積
3761平方メートル
造り
鉄筋コンクリート造り平屋建