生活習慣病予防健診の内容

更新日:2012年4月1日

印刷用ページはこちら

久山町の健診は昭和36年の第1回実施以後、各公民館→久山会館→保健センター→ヘルスC&Cセンターと場所を変え、毎年行われてきました。名称も「成人 健診」から「生活習慣病予防健診」に変わり、胃検診や胸部レントゲン検査、大腸がん検診も順次開始されました。検診内容は、血液検査、検尿、心電図、血圧 測定、診察の他に、血液検査をもとにした診察結果の説明や、メタボリックシンドロームや糖尿病の早期発見のための検査など、細やかなものとなっています。

また本町は、健康づくりにおける食事の重要性を早くから認識し、中村学園大学の協力で栄養調査や骨密度測定を、九州大学の協力のもと歯科健診・眼科検査・ 肺機能検査・心療内科健診(ストレスチェック)を順次追加実施しています。さらに5年に1度の一斉健診では、より詳細かつ先進的な健診・検査を実施してい ます。

またこれらの健診を受けた方は、医師による継続的な健康づくりのアドバイスを受けることができます。健診を受けることで自分の体の 状態をよく把握し、早期発見・早期治療に努め、それぞれの体調・環境にあった健康づくりを続けられる。それが久山町の健康管理の大きな特徴です。


こんなときには
  • 妊娠・出産・子どもの健康
  • 入園・入学
  • 成人,就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し
  • お別れ
  • その他,届け出・証明
生活ガイド
  • ごみ
  • 税金
  • 病院・救急
  • 消防・防災
  • 公共施設
  • 上下水道
  • 年金・保険,医療・福祉
ページの先頭へ戻る